クリニック案内

医療機関名
セントゼビアクリニック
住所
242-0017
神奈川県大和市大和南2-6-8 
大和南メディカルモール1、2階

電話
046-204-7473

眼の病気は進行すると視力低下、失明という事も考えられます。

定期的な健診が早期発見・早期治療につながります。

よくある目の病気

白内障

眼の中にある水晶体という部分が、様々な原因により濁ってしまう病気です。原因として一番多いのが、加齢によるもので、その他に先天的なもの、外傷、アトピー、薬剤によるもの等が挙げられます。水晶体が濁ることにより光が散乱するため、霞み、複視(物が二重に見える)、まぶしさ等の症状が出現し、進行すると視力が低下します。白内障の治療は、初期では点眼薬で進行を遅らせる場合もありますが、進行した白内障の場合は手術により濁った水晶体を取り除き、眼内レンズを挿入します。当院では、日帰り白内障手術を行うことが可能です。不明な点がありましたら、気兼ねなくご相談ください。

後発白内障

白内障の手術の際、水晶体が入っている袋(水晶体嚢)の前の部分(前嚢)を切り取り、水晶体を取り除き、眼内レンズを挿入しますが、手術後しばらくたってから、水晶体嚢の内側に残った細胞が、残してある袋の後ろの部分(後嚢)に広がって濁ってしまうことがあります。この濁りにより眼に入る光がさえぎられ、霞み・視力低下など、白内障のような症状が起こります。当院ではYAGレーザーというもので濁った水晶体嚢の中心を破り、光が通るようにする治療を行っています。

緑内障

眼の中には房水という液体が循環しており、循環することにより、眼球内部から圧力がかかり、眼の硬さ(眼圧)が保たれています。緑内障は何らかの原因で眼圧が上昇し、眼の中の視神経という部分が障害されて視野が欠けていき、進行すると失明に至ることもある病気です。両目で見ていると、片方の眼の視野が欠損していても、もう片方の眼の視野が補うため、かなり進行しないと自覚症状がありません。残念ながら障害されてしまった視神経を回復させることは出来ませんが、眼圧を下げることで進行を防止したり、遅らせたりすることができると考えられており、状態に応じて、点眼薬・レーザー治療・手術により眼圧を下げる治療を行ないます。当院では点眼薬による治療、レーザー虹彩切開術による治療が可能です。手術が必要な場合は提携先病院、又はご希望の医療機関にご紹介いたします。

閉塞隅角緑内障、急性緑内障発作

房水が排出される隅角という場所が狭くなり、ついには閉塞してしまうことで、房水の流出が障害され眼圧が上昇する緑内障を閉塞隅角緑内障といいます。閉塞隅角緑内障では、急速に隅角が閉じて急激な眼圧上昇を起こすことがあり、これを急性緑内障発作といいます。発作を起こすと眼の痛み、頭痛、吐き気、霞み等の症状が出ます。

開放隅角緑内障、正常眼圧緑内障

隅角は狭くなったり閉じたりしていないが、視神経が障害される緑内障を開放隅角緑内障といいます。隅角にある繊維柱帯が目詰まりを起こし房水の流出が障害され眼圧が上昇すると考えられています。また、開放隅角で眼圧も正常でありながら視神経が障害される緑内障を正常眼圧緑内障といいます。これは視神経の血液循環、遺伝、免疫等が原因で通常では緑内障を起こさない程度の眼圧でも視神経が障害されると考えられています。

網膜剝離

網膜は眼底にある薄い神経の膜で、ものを見るために重要な役割をしています。網膜剝離は、何らかの原因で網膜が眼球壁側から剥がれてしまう状態のことです。

最も多くみられるのが、裂孔原性網膜剝離で、老化・網膜の萎縮・外傷等により網膜に孔(網膜裂孔・円孔)が開き、そこから目の中の水が入り込んで剥離します。症状としては、初期に飛蚊症(小さなゴミのようなものが見える)光視症(視界に閃光のようなものが見える)を自覚することがありますが、無症状のこともあり、進行すると視野欠損・視力低下が起きます。治療せずに放置した場合、失明する可能性のある病気です。当院では、網膜裂孔・円孔に対してレーザーによる網膜光凝固術を行い、網膜剝離への進行を抑えることが可能です。すでに網膜剝離が発生してしまった場合は手術が必要となりますので、提携先病院、又はご希望の医療機関にご紹介いたします。

中心性漿液性脈絡網膜症

網膜の下からにじみ出た血液中の水分が、網膜の中心部分である黄斑部にたまり、部分的な網膜剝離を生じることにより、視野の中心が見えにくい・ゆがんで見える・小さく見える・黄色っぽく見えるなどの症状が起こります。原因は不明ですが、30代~50代の働き盛りの男性に多いことから、ストレスが影響するとも言われています。自然に治ることもあるため、しばらく様子をみることもありますが、再発することが多いので注意が必要です。状態によっては内服薬の処方やレーザー治療を行ないます。(当院にて可能です)

糖尿病網膜症

眼底にある網膜には、光や色を感じる神経細胞が敷きつめられ、無数の細かい血管が張り巡らされています。糖尿病により血糖の高い状態が長く続くと、網膜の血管がダメージを受け、酸欠状態に陥り、それを補うために新しい血管(新生血管)が生えてきます。新生血管はもろいため出血しやすく、出血すると網膜にかさぶたのような膜が張ることにより、網膜剝離を起こすことがあります。当院では、新生血管の発生を予防したり、すでにある新生血管を減らしたりするために、レーザーによる網膜光凝固術を行っています。レーザー治療で進行を予防できない場合、すでに進行して剥離や出血が起きている場合は手術が必要となることがあります。その際は提携先病院、又はご希望の医療機関にご紹介いたします。

加齢黄斑変性

網膜の中心部にあたる黄斑という組織が、加齢により障害され、見ようとする中心がゆがんで見えたり、見えなくなったりする病気で、失明を引き起こすこともあります。加齢黄斑変性は萎縮型と滲出型の二種類に分類されます。萎縮型は黄斑の組織が加齢とともに萎縮し、徐々に視力が低下します。急激な進行はありませんが、残念ながら治療方法はありません。また、滲出型に移行して急激な視力低下を起こすことがありますので、経過観察が必要です。滲出型は網膜の下に新しい血管(新生血管)ができ、その血管から出た液体が黄斑の組織を障害し視力が低下します。滲出型の場合は、薬物の注射やレーザー光凝固等により新生血管の拡大を抑え、退縮させる治療を行ないます。ただし、治療により視力が改善されることはありますが、正常な見え方に戻ることはほとんどありません。当院では、状態によりレーザー治療が可能です。また、必要に応じて提携先病院・ご希望の医療機関にご紹介いたします。